「大琳派展-継承と変奏-」

上野の東京国立博物館「大琳派展」へ行ってきました。

琳派というと尾形光琳の名を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、琳派の骨格を作ったと言われているのが「嵯峨野明月記」の主人公 『本阿弥光悦』 と 『俵屋宗達』 です。
作品の裏を流れる物語性に思い入れがあるからでしょうか、今回の展示でもやはりこの二人の作品に、特別に心を打たれて帰ってきました。

e0128382_4122527.jpg


懐かしい京都・養源院蔵の杉戸絵にも再会しました。
年を重ねてさらに好きになったと気付いたのが蒔絵の作品で、その意匠の素晴らしさに作品の前から去り難くなるものもありました。


e0128382_413465.jpg


次にブティを創るならこの模様を試してみたい、という巡り合いもあったのですが、このままでは本当に机上のブティで終わってしまいそうなので、デザイン画を書くことが出来たら改めて紹介したいと思います。

こちらのホームページでは音と映像で琳派の世界に触れることが出来ます。
[PR]
by itokitumugi | 2008-11-08 04:37 | 由無し事


針を重ねる至福の時を、 静かにゆっくり紡ぎたい


by itokitumugi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
boutis(ブティ)
boutis vermicelle
写真
由無し事
私のお針箱から
その他の手仕事

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
more...

Link

フォロー中のブログ

うみのいろ
◆◆◆mill*◆◆◆
Rico's Quilts
- Une phrase -
君がいた風景
Carpe diem.
こけももステッチのブログ

タグ

(246)
(109)
(98)
(73)
(66)
(57)
(32)
(32)
(23)
(21)
(19)
(18)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧