「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハーダンガー刺繍の 携帯用ニードルブック

e0128382_2045644.jpg

以前作った、携帯用のニードルブックです。
32ct Belfast Linen に、シルクの刺繍糸でステッチしました。
フリーチャートでしたが、ハーダンガー刺繍・アジュール刺繍・ビーズ刺繍と色んなステッチが使われていて、とても勉強になりました。


e0128382_20453140.jpg 持ち歩く針の数は、いつも5本と決めています。
 今朝出掛けに1本足りない事に気付き、行方不明になった針を必死に探したのですが、どうしても見つけることが出来なくて、気重な一日を過ごしました。
 さっき埋め縫いの作業を始めた時のことなのですが、折れてしまった針の映像が唐突に頭に浮かんで来ました。そうそうこの前使った時、針をしならせ過ぎて折ってしまったのでしたっけ。
 折れた針専用の容器の中を確認して、ようやく安堵の胸をなでおろしました。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-30 20:57 | 私のお針箱から

boutis 華唐草のニードルブック 3

e0128382_1248169.jpg

「埋め縫い」、かなり手強いです。
いつもいつも無謀な試みをして、勝手に苦労しています。
でも、後で振り返ってみれば、無駄な経験では無かったと思える日が、たぶん来てくれるはずです。
今までもそうでしたから・・・。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-29 12:51 | boutis(ブティ)

boutis 華唐草のニードルブック 2

e0128382_1962274.jpg


家族が出払った休日は、縫い物も進みます。
ブティのニードルブックの、コーディングが始まりました。
先日の「エッサイの木」で使った細いコットンヤーンを、4本取りにして使っています。
針を収納するのでしっかり作ろうと思い、コードを詰めない部分には、埋め縫いをする事にしました。糸の引き加減がわからないため、コーディングと同時に進めながら練習しています。


e0128382_1973021.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2008-07-27 19:09 | boutis(ブティ)

boutis 華唐草のニードルブック

e0128382_1221193.jpg

ブティらしい図案を楽しんでみたくなったので、「ブティⅡBoutis」の中の唐草のデザインを、四角に上手く入るよう少しだけアレンジして、ニードルブックを作る事にしました。
表と裏を同じにしたのは、出来上がったときに表紙の寸法が、同じになるように張った予防線です。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-26 12:33 | boutis(ブティ)

boutis vermicelle エッサイの木 完成

e0128382_12465465.jpg

ブティ・ヴェルミセル「エッサイの木」が、完成しました。
手間を掛けた割りに出来上がりが小さく、存在感が希薄に感じられるので、どーんとフォトフレームに入れてみました。
後ろからライトアップすると、こんな感じです。

e0128382_12462846.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2008-07-24 12:49 | boutis vermicelle

boutis vermicelle エッサイの木 7

e0128382_13204380.jpg

NHK出版「大塚あや子の白糸刺しゅう」を参考に、カット・ヒーダボーの技法で縁の始末をしています。ずいぶん前ですが、目の粗いリネンでリックラックの練習をたくさんしました。
「糸でかがる」という作業は、好きなようです。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-22 13:24 | boutis vermicelle

boutis vermicelle エッサイの木 6

e0128382_15151721.jpg

マルセイユのピキュール「エッサイの木 L'arbre de Jesse 」の復刻デザイン、もう少しでコーディングが終わりそうです。
本には完成品が掲載されていないので、仕上げをどうするか思案しています。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-21 15:16 | boutis vermicelle

boutis vermicelle エッサイの木 5

e0128382_13412524.jpg

この「エッサイの木」の復刻デザインですが、縦25cm×横19cmの大きさです。
その中に模様がとても緻密に入っているので、コーディングの作業も一苦労。
現在詰めている糸と針の太さがわかり易いように、ブティ「日本の文様」で使った太い糸と楊枝を置いてみました。
ちなみに刺繍枠は15cmのものです。

e0128382_13421785.jpg

地縫いは、ホルベイン・ステッチ(ダブル・ランニング・ステッチ)でした。縫う時は大変だと思いましたが、表と裏が同じような仕上がりになります。もっと上手に縫えていたら、完璧にリバーシブルだったのですが・・・。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-17 13:50 | boutis vermicelle

boutis vermicelle エッサイの木 4

e0128382_1823539.jpg

先週は一週間をかけて、ブティ・ヴェルミセル「エッサイの木」の地縫いを仕上げました。
ブティ「日本の文様」を始めたために中途のままになってしまい、気になっていたのです。
丸三ヶ月、放置していました。
『パッチワーク通信』123号・ホワイトキルト特集号に掲載された「マダム・ボーメールコレクション」を復刻したデザインです。
少しだけコーディングも楽しんでみました。
[PR]
by itokitumugi | 2008-07-15 18:04 | boutis vermicelle

庭の生き物たち

e0128382_207579.jpg

庭の夏椿に営巣して、ヒヨドリが子育て中です。
早朝から本当に賑やか過ぎるほどなのですが、懸命にヒナに餌を運ぶ姿を見ていると、いじらしくなってきました。今日はナナカマドの枝に止まった、親鳥の姿を撮る事が出来ました。虫をしっかりくわえています。
このナナカマドの木は、毎年このくらいの頃から紅葉を始めます。しなやかな枝先で逸早く風を感じる木です。今年は実もたくさんつけています。本当の秋が来る頃には、赤く熟した実が鳥たちのご馳走になることでしょう。
庭にはまだ他にも、南天や梅もどきやガマズミなど、赤い実が生る樹木が植えてあります。
このヒヨドリ父さん、良い所に巣を作りました。

調子に乗って2階のベランダから、夏椿に作られた巣の撮影も目論んだのですが、葉が茂り過ぎていて巣が見えずに失敗。
手すりで日向ぼっこしているアマガエルと目が合ったので、こちらはパチリ、失礼しました。
e0128382_2081725.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2008-07-14 20:14 | 由無し事


針を重ねる至福の時を、 静かにゆっくり紡ぎたい


by itokitumugi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
boutis(ブティ)
boutis vermicelle
写真
由無し事
私のお針箱から
その他の手仕事

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
more...

Link

お気に入りブログ

うみのいろ
◆◆◆mill*◆◆◆
Rico's Quilts
- Une phrase -
君がいた風景
Carpe diem.
こけももステッチのブログ

タグ

(246)
(109)
(98)
(73)
(66)
(57)
(32)
(32)
(23)
(21)
(19)
(18)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(3)
(3)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧