「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

風車

e0128382_604437.jpg



カザグルマ「風車」はクレマチスの仲間で、美しい白い花を初夏に咲かせます。
花の中でもクレマチスが特に好きな私は、狭い庭に5種類を植えていますが、白いモッコウバラには濃い青、オオデマリには八重咲きの白、薔薇には濃いピンク、スモークツリーには白い風車、夏椿にはチョコレート色と、絡ませる樹木の花や葉の色を考えて、それぞれに組み合わせを変えて楽しんでいます。

花が終わった後の種の形も、面白いです。
スモークツリーの葉もきれいな黄色に紅葉しました。


e0128382_605775.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2008-10-31 06:03 | 写真

マリーゴールド

e0128382_531445.jpg


こぼれ種から花を咲かせたマリーゴールド。
見ていると元気が出る色です。

毎年アシナガバチが庭に巣を作ります。
大抵は冬まで放っておくのですが、今年は窓の近くにかなり大きく作り、その活動が脅威を感じるほどになったので、半月前に業者の方に除去してもらいました。

安心して庭に出られるようになったのは私だけではないようで、
花虻がたくさん訪れてモデルになってくれています。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-30 05:32 | 写真

日本雨蛙

e0128382_528323.jpg


お好きでない方にはごめんなさい。

我が家のぴょん吉くん、こんな色に変身しています。
ニホンアマガエルは保護色で色変わりするのだそうです。
もう少し灰色を混ぜると家の外壁の色になります。
お見事。

石楠花の葉の上で、
何も考えていないのでしょうけれど、
思索にふけっているかのように見えるのでした。

かんガエル…なんちゃって。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-29 05:30 | 写真

姫女菀

e0128382_5411893.jpg


写真が下手なのでわかりにくいと思うのですが、
河川敷の遊歩道が、まっすぐ遠くへ続いていました。
電柱もない、舗装していない砂利道です。

この道はいつか来た道 

写真を撮りながら「この道」という歌を口ずさみました。

ヒメジョオン「姫女菀」は、こんな道端に似合う花ですね。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-28 05:43 | 写真

秋色紫陽花

e0128382_5311218.jpg


恒例となりつつある、
主人と二人の日曜ごとの撮影散歩、
昨日は曇り空で撮影日和でした。

子供たちが小さかった頃、よく連れて遊びに行った公園。
さてさて訪れたのは何年ぶりのことでしょう。

季節外れの紫陽花をみつけました。

シックな秋色、大人の色です。

e0128382_5312125.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2008-10-27 05:33 | 写真

赤い宝石 美男蔓

e0128382_5101351.jpg



我が家の赤い実には、こんなのもありました。
ビナンカズラ「美男蔓」、サネカズラともいいます。
花は小さくて目立たないのに、赤い実はまるで宝石のようです。
常緑の植物ですが、こちらの冬の寒さには勝てなくて、葉を枯らしてしまうのが残念です。

カズラといえば、先日の杉に絡まっていた蔦の名前、テイカカズラ「定家蔓」だと教えていただきました。初雪カズラの仲間だろうとは思っていたのですが、花が咲かないし、葉もずいぶん小さいので気付きませんでした。日の当たらない地を這う時はあのような姿なのだそうです。
これでやっと胸のつかえがおりました。ありがとうございます。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-26 05:13 | 写真

boutis 牡丹唐草のテーブルセンター11

e0128382_453338.jpg


ブティは外周を飾る模様まできました。
方向転換する箇所が多くて苦戦しています。
この模様は120個あるので、ノルマを作るいつもの悪い癖が出て、一日に最低で6個、調子の良い日は10個縫ってもいいんだよと決めました。

ただ、Photoshop Elements7 が届いて、そちらでもかなり苦しい戦いをしているので、この6個のノルマをきつく感じています。
家事の手を上手に抜いてはいますが、極上の暇つぶしをするための、暇な時間が足りません。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-25 05:29 | boutis(ブティ)

オーニソガラムと花虻

e0128382_5111727.jpg


庭に居たら羽音が聞こえてきたので、
フラワーアレンジを家の中から出してみると案の定、
花虻が来て止まってくれました。
余りにも思惑通りの構図になったので、にんまり。

主人が居合わせたら、シャッターチャンスとばかりに、
鼻の穴を膨らませて撮影している私にカメラを向けたかもしれません。


こちらの写真は花のほうを主役にパチリ。
オオアマナ「大甘菜」、
オーニソガラムという名前のほうが知られていますね。


e0128382_5113292.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2008-10-24 05:22 | 写真

野茨

e0128382_515646.jpg


ノイバラ(野茨)の赤い実です。

今日の画像は絞りをぐっと小さくできるレンズで撮りました。
いつもより大きくぼかした感じに写るので、
ドラマチックな写真になったような気がします。

ただのピンボケ写真みたいにも見えます。
夕暮れ時だったので、ピントも甘かったかしら。
次に期待…。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-23 05:07 | 写真

薬師草

e0128382_4104955.jpg


ヤクシソウ「薬師草」、直径1.5cmほどの目立たない小さな花です。
地味な野の花も、和名とその漢字がわかると、急に風情が感じられるようになります。

あやふやな花の名前は、山渓ポケット図鑑「春の花」「夏の花」「秋の花」、
この三冊の本で確認しています。
昨日の野紺菊も嫁菜と迷いました。葉や種の形もわからないと区別が難しいらしいのです。迷った挙句どうしたかというと、字面の好きなほうを採用しました。まぁ、いい加減なこと。
間違っていたら教えてください。

住まいを移した13年前に、散歩の折に出会う野草の名前が知りたくて購入した本ですが、
ずいぶんお世話になりました。
一冊が税込みで2700円、本体価格が2621円。
…当時は消費税が3パーセントだったのですね。
[PR]
by itokitumugi | 2008-10-22 05:27 | 写真


針を重ねる至福の時を、 静かにゆっくり紡ぎたい


by itokitumugi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
boutis(ブティ)
boutis vermicelle
写真
由無し事
私のお針箱から
その他の手仕事

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
more...

Link

お気に入りブログ

うみのいろ
◆◆◆mill*◆◆◆
Rico's Quilts
- Une phrase -
君がいた風景
Carpe diem.
こけももステッチのブログ

タグ

(246)
(109)
(98)
(73)
(66)
(57)
(32)
(32)
(23)
(21)
(19)
(18)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(3)
(3)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧