Initial Embroidery イニシャル刺繍

e0128382_18383939.jpg


言っても詮無いことですけれど、暑いですね。
針を持つ手も汗で濡れるので、今週はまだ一針も刺していません。

Sさんのブログでみみ付きのピンクッションを拝見して、
昔作ったヘムステッチのミニクッションを思い出したので、戸棚の奥から引っ張り出したら
薄汚れてしょぼくれた感じ・・・。
思い切って洗濯をしたところ、パリッと仕上がって新品みたいになりました。

図案は笹尾 多恵さんの「わたしのヴィクトリアン刺繍 」から。ステッチは私好みで適当。
思ったようにいかなくて、フリー刺繍はこれっきりにしようと決めた作品でした。
今ではヘムステッチの仕方もすっかり忘れてしまっています。
[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-23 18:39 | その他の手仕事

蓮の華

e0128382_14202087.jpg


蓮の花の写真を撮りに行ってきました。
梅雨明けしたばかりだというのに、
今朝は六時半でも日差しが強すぎるほど。

何百と花が咲いていても、
これはというのは池の端っこのほうにはありません。

まだ蕾がたくさん残っていたので
今シーズン中に再チャレンジしたいところです。

とは言いながら、
何より腕のほうに問題があるんですよね~
[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-19 14:43 | 写真

A Punto Antico Biscornu Pincushion

e0128382_20244266.jpg


考えも無しにリネンの切れ端で始めてしまったプント・アンティーコ。
もう一枚分がぎりぎり取れそうだったので、裏も作ってピンクッションにしました。

図案を変えてステッチをして、中に入れる布の色も変えたら、
表と裏でずいぶん違う印象になりました。

それにしても、この形のピンクッションは
どの角度から写真を撮ったらきれいなのでしょう。
私の作り方が不恰好でしたか?



e0128382_20343683.jpg

[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-15 20:38 | その他の手仕事

Il Punto Antico  プント・アンティコ

e0128382_202272.jpg


ネットで見つけた一枚の優雅な画像に、
強く惹かれて見よう見まねで刺した白糸刺繍が、
Punto Antico というのだと知ったのは最近のことでした。

先日の雨ニモマケズの会で美しい作品を見せていただいて
やはりこの手で作ってみたいと思ってしまったので、
本を取り寄せて練習を始めました。

この本を選んだのは、
表紙の Punto Antico の光と影の写真のせいだと思います。
[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-13 20:39 | その他の手仕事

A LACE KIRIE レース切り絵 2

e0128382_1555938.jpg


異国情緒が漂う街並。
蒼山日菜さんの繊細なレース切り絵の、初級者用デザインです。

少しがんばって基本の70%のサイズで切りました。
日菜さんが「なると」と呼んでいる半円の模様に、やはり苦労しました。

主人や助手の女性など周囲も巻き込んで、競い合うようにしながら楽しく切っています。
同じ趣味を持つ人が傍にいてくれると、楽しさが何倍にも膨らむのですね。


e0128382_15553366.jpg

[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-11 15:58 | その他の手仕事

boutis ブティ 六月の紫陽花 2

e0128382_6232358.jpg


うかうかしているうちに早七月ですが、タイトルは六月の紫陽花で通そうと思います。

蒸し暑くてやる気が起きないので、
昨日は思い切ってアトリエにしている作業スペースの模様替えを敢行。
日によって風の向きが変わっても、風が入って来る側の窓の近くを選んで作業できるよう
小さな移動机を設置し、窓の網戸もきれいにしました。

さあ、風よ来い。
[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-05 06:42 | boutis(ブティ)

「雨ニモマケズの集会」

e0128382_15115925.jpg


機会に恵まれ、「雨ニモマケズの集会」に参加をさせていただきました。
タティング・レース、ヘデボ、プント・アンティコ、シャドーワーク、エスカ、カルトナージュ、ナンタケット・バスケット、タッセル、そしてブティ。
心がとろけてしまいそうなほど素敵な作品を、たくさんこの目で見てきました。
全てでないのは残念ですが、皆さんの作品の一部をこのブログに載せることが出来て幸せです。

器用で簡単に何でもこなしてしまう方々と思っていたのは私の大間違い。
美しいものを自らの手で紡ぎ出したいという情熱にあふれ、資料の収集と材料の調達に労を厭わず、研究も怠らない。またそれらを楽しそうに穏やかに語るので、降参・・・心酔・・・。

糸の番手や刺繍の手法の横文字が飛び交い、内容が把握できない場面もたくさんあったのだけれど、その雰囲気を味わえただけで、・・・満足・・・。私もこういう方たちに少しでも近づきたいと思いました。昔から、人との出会いに関して、ありがたいことに私には運があると思っていましたが、またしてもその思いを強くしてしまった一日でした。感謝します。


余談ですが、銀座松屋の入り口で傘を開こうと立ち止まった時に、ビジネスマン風の男性に道を尋ねられました。栃木の田んぼの中から出てきたばかりと気付かれなかった、その嬉しさといったら・・・ふっふっふっ
[PR]
# by itokitumugi | 2010-07-01 15:19 | boutis(ブティ)


針を重ねる至福の時を、 静かにゆっくり紡ぎたい


by itokitumugi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
boutis(ブティ)
boutis vermicelle
写真
由無し事
私のお針箱から
その他の手仕事

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
more...

Link

フォロー中のブログ

うみのいろ
◆◆◆mill*◆◆◆
Rico's Quilts
- Une phrase -
君がいた風景
Carpe diem.
こけももステッチのブログ

タグ

(246)
(109)
(98)
(73)
(66)
(57)
(32)
(32)
(23)
(21)
(19)
(18)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧