タグ:写真 ( 109 ) タグの人気記事

入江泰吉さんの仏像写真

e0128382_21214569.jpg


週刊朝日百科「国宝の美」が創刊され、初回の特集が阿修羅像だったので求めてきました。
昨年のサライ・永久保存版 「仏像の見方」 も、一昨年の講談社・週刊 「日本の仏像」 創刊号も、
阿修羅の表紙につられて購入しています。でもあまり見ないまま本棚にしまってしまうのです。
なんとなく…
わたくしは十代の頃から仏像が好きで、書庫には古い写真集が何冊かあります。
好きな写真のほとんどが入江泰吉さんの撮影したもので、こちらは時々引っ張り出して、ノスタルジーに浸ることがあるのだから不思議です。

いつもと同じように昔の写真集を眺めていて、私は入江泰吉さんが撮った、
美しい仏像の面影を好きになったのだと気が付きました。
感受性豊かな年代に、偉大な写真家の存在があって幸せなことでした。
何かを好きになる時、第一印象というのはとても重要な要素ですね。
奈良に行くと「入江泰吉記念奈良市写真美術館」というのがあるそうで、いつかは行きたいと考えています。

画像は、百済観音の美しい左手と、
年を重ねるごとに好きになる東大寺・不空羂索観音立像。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-11 21:34 | 由無し事

japan 朱塗りの銘々皿


e0128382_209734.jpg

漆器は英語で japan 。
日本を代表する工芸品ですが、
本当の漆を塗った物はなかなか求められません。(予算の都合で)
以前書いた金虫喰の箸も
私には清水の舞台でしたから…

これはウレタン塗装だと思うのですが
木地を削ってあるところが気に入りました。
たぶん栗の木。
針仕事の途中の、指貫休めに使う予定です。

掘り出し物というのでしょうか。
えっ~?!
というくらい安かった。
…すみません。

今年の運は使い果たしたと思っていたのに
まだ少しだけ残っていたと思われます。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-09 20:14 | 由無し事

中山久美子ジェラルツ先生と、中禅寺湖にて…

e0128382_21273699.jpg


「よろしければ、いつか、いらしてください。」と、先日ブログに書きました。(熱いラブコール)
そしてまだ夢見心地なのですが、念願叶ってお迎え出来た久美子先生と、今日は奥日光を一緒にドライブして来ました。
拙宅で私のブティも見ていただけたので、…ああ…もう…本当に幸せ…。

一つの出会いが大きく人生を変える、そういうことってあると思います。
私にとってブティとの出会いは、もしかしたらそれに近いものなのかもしれません。
田舎暮らしでおまけに出不精な私なので、
ブティを始めなかったら決して巡り会うことのなかった素晴らしい方たちとの交流が、
狭かった私の世界を大きく押し広げてくれている気がします。

私がフランス語の翻訳の件でブログにお願いを載せた時に、お忙しいのに真っ先に手を差し伸べてくださったのは先生でした。
そしてユベールさんとのご縁を作ってくださったのも先生で、今回もユベールさんからのお土産をわざわざお持ちくださいました。
惜しみなく与える本当に大きくて優しい人、私の中の久美子先生の印象です。
先生と呼ばないでと仰って下さるのですが、(そしてまた私のほうがずっと先に生まれているのですが)、やはりこれからも先生と呼ばせていただこうと思っています。

写真は中禅寺湖のボートハウスのテラスから久美子先生達を写したもので、背景の一部だけトリミングしました。少しピントは甘くなりましたが、私の宝物になる一日の画像です。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-04 21:50 | boutis(ブティ)

戦場ヶ原の穂咲下野 (ホザキシモツケ)

e0128382_19514667.jpg


本州で自生しているのは
ここと長野県の霧ヶ峰だけの、貴重な花だそうです。
来週には見頃をむかえ
群落が一面ピンクになるでしょう。

ここは、
いつ訪ねても
心が澄んでいくような気がする所です。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-02 19:53 | 写真

吾亦紅と赤とんぼ

e0128382_4452334.jpg


訪れた高原には
もう涼しい風が吹いていました。

里では秋の花のワレモコウに
止まっているのは
オレンジ色をしたアキアカネです。

夏休みが終わり、
暑さがやわらぐ頃になると、
アキアカネはしっぽを赤く染め
山を降りて
平地まで長い旅をするのだそうです。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-01 04:46 | 写真

海を見ていた午後

e0128382_19445891.jpg


八月初旬に
大切なお客様をお迎えすることになり、
ご案内役を務めるつもりの私は、
車の運転の猛特訓をしています。
人数の関係で
いつもなら私が運転しない車を使うことにしたためです。

久しぶりの単独ドライブ、
気持ちが若返るのを感じて、ドキドキしました。

お気に入りの山のレストランへも
一人で行ったのは初めて。
山のレストランなので、当然海は見えないのですが、
何となく
「あなたを思い出す この店に来るたび」と、
ユーミンの曲を口ずさみました。

「坂を上って きょうもひとり来てしまった」
という歌詞が合っていただけなのですけれど…。


e0128382_19443936.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2009-07-25 19:55 | 写真

日本の懐かしい風景

e0128382_5413365.jpg


我が家から
五分ほど車を走らせ、
十分ほど歩き回ると
こんな日本の原風景に出会うことが出来ます。

よろしければ、
いつか、
いらしてください。

400年を経た
杉の古木に見守られて

ゆったりと歩きましょう…
[PR]
by itokitumugi | 2009-07-20 05:42 | 写真

山百合の林

e0128382_4453256.jpg


今を盛りと、
5000株もの山百合が咲く
森林へ足を運びました。
当たり一面に漂う芳香と、花の美しさに、
半ば夢見心地でシャッターを押しました。

花は
咲き始めの清楚な姿が好きですが
爛漫と咲く百合の
成熟した美しさには
捨て難いものがあります。
[PR]
by itokitumugi | 2009-07-19 04:47 | 写真

ヒペリカム

e0128382_7313827.jpg


昨年の記事にも書いた庭のヒペリカム。
今年もたわわに実りました。
そのままにしておくと樹木が大きくなり過ぎるので、
枝をかなり刈り込みました。
花瓶に生けて記念撮影です。


朝から何をしているのと、
邪魔をしに現われた猫の写真も一枚。
このこは写真に撮るたび怒っている顔をしていますね。
本当はとても可愛いいんですけど。


e0128382_7284133.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2009-07-12 07:04 | 写真

緑の季節

e0128382_15392566.jpg


晴れ女を見込まれ、
どうしても同行して欲しいと頼むので、
ここで貸しを作って置くのも良いかと、
主人に付き合って写真を撮りに行って来ました。

青空が見られたので、いつか貸しを返してもらわなくては…。(笑)

生まれて初めての幻想的な光景にしばし見とれてしまい、
撮影ができなかったのですが、
ワタスゲのワタが吹雪のように舞うのを見ました。


e0128382_154084.jpg


そして、もう一枚。
深い林の中の道を辛抱して歩いていくと、
その先には 
さざ波、風の音、鳥のさえずり、
自然の音しか聞こえない、こんな世界も広がっていました。
本当に、本当に、小さな湖です。
大自然の中に立つ孤独さを写したかったのですが…どうでしょう。

私は出不精なのですが、たまには出掛けるのも悪くないですね。

e0128382_1549144.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2009-07-05 15:43 | 写真


針を重ねる至福の時を、 静かにゆっくり紡ぎたい


by itokitumugi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
boutis(ブティ)
boutis vermicelle
写真
由無し事
私のお針箱から
その他の手仕事

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
more...

Link

フォロー中のブログ

うみのいろ
◆◆◆mill*◆◆◆
Rico's Quilts
- Une phrase -
君がいた風景
Carpe diem.
こけももステッチのブログ

タグ

(246)
(109)
(98)
(73)
(66)
(57)
(32)
(32)
(23)
(21)
(19)
(18)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧