タグ:由無し事 ( 98 ) タグの人気記事

フランスにも "かけはり" ?

e0128382_2153325.jpg


私の針仕事に欠かせない道具に、"かけはり" があります。
フランスにもあるのかしらと思っていたら、
意外なところで同じような道具をみつけました。

家庭画報 9月号
フランス・ノルマンディー地方に古城の庭を訪ねて
「庭を愛する貴族の物語」
ヴォーヴィル城の主、庭の設計家のギョーム氏が蒐集した、古い庭道具の中にあったそれ。
エプロン用の布をスカートに留めるための金具だとか。
布を挟むところも同じでした。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-23 21:57 | 私のお針箱から

初雪草

e0128382_20105943.jpg


こぼれ種で毎年花を咲かせる初雪草。
埼玉の実家から母が種を持って来て蒔いたのが最初でした。
お盆になると、この花を見ながらその日のことを思い出します。

ブログのエントリーを長くさぼると
心配してくれる優しい方たちがいらっしゃるので、
予防線を張ってつまらない写真を埋め草にしていたのに、
今日は
「あなたの写真は楽しみだけれど
    ブティはどうなっているの?」という、するどいメールが届きました。

すみません、慌しくしていて、宝石のブティは進みがないままです。
でも、充実した良い時間を紡いでいますので、
もうしばらく様子を見ていてください。

私はとても元気です。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-17 20:13 | 写真

初秋の空

e0128382_17483383.jpg


思いがけない方から
残暑見舞いをいただきました。

その方の笑顔と
一緒に過ごした楽しい時間を思い出したら、

何だか、青空の写真を撮りたくなりました。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-15 17:52 | 写真

イソトマ 星に願いを

e0128382_1924911.jpg


折り紙つきの晴れ女だと自負していたのに、
昨夜はあいにくの空模様で流れ星が見られませんでした。
夜遊びをしないため今まで気が付きませんでしたが、
私についている 「晴れ女証明書」 には、
どこかに小さく 「昼間限定」 の文字が印字してあったのかも…

星に掛けたい願いとは、
「ブティが上手になりますように」 …  ?
いいえそんなことを願ったりしません。
針を重ねる時を少しずつ紡いでいけば良いことですから。

私の願いはただ一つ…
「飛行機が怖いのがなおりますように」。

画像は星型の花のイソトマです。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-13 19:09 | 写真

秋桜 コスモス 

e0128382_19323464.jpg


コスモスの花言葉は、「乙女の真心」。
涙が出そうなほど嬉しかった言葉へ、
感謝の気持ちを込めて。

昔の乙女で申し訳ないのですが…




8月13日のAM2:00頃に
ペルセウス座流星群が活発な出現を見せてくれるそう。

日頃から眠りの浅い私は、せっかくなので夜空を見上げ、
星に願いをするつもりです。 
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-12 19:36 | 写真

入江泰吉さんの仏像写真

e0128382_21214569.jpg


週刊朝日百科「国宝の美」が創刊され、初回の特集が阿修羅像だったので求めてきました。
昨年のサライ・永久保存版 「仏像の見方」 も、一昨年の講談社・週刊 「日本の仏像」 創刊号も、
阿修羅の表紙につられて購入しています。でもあまり見ないまま本棚にしまってしまうのです。
なんとなく…
わたくしは十代の頃から仏像が好きで、書庫には古い写真集が何冊かあります。
好きな写真のほとんどが入江泰吉さんの撮影したもので、こちらは時々引っ張り出して、ノスタルジーに浸ることがあるのだから不思議です。

いつもと同じように昔の写真集を眺めていて、私は入江泰吉さんが撮った、
美しい仏像の面影を好きになったのだと気が付きました。
感受性豊かな年代に、偉大な写真家の存在があって幸せなことでした。
何かを好きになる時、第一印象というのはとても重要な要素ですね。
奈良に行くと「入江泰吉記念奈良市写真美術館」というのがあるそうで、いつかは行きたいと考えています。

画像は、百済観音の美しい左手と、
年を重ねるごとに好きになる東大寺・不空羂索観音立像。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-11 21:34 | 由無し事

japan 朱塗りの銘々皿


e0128382_209734.jpg

漆器は英語で japan 。
日本を代表する工芸品ですが、
本当の漆を塗った物はなかなか求められません。(予算の都合で)
以前書いた金虫喰の箸も
私には清水の舞台でしたから…

これはウレタン塗装だと思うのですが
木地を削ってあるところが気に入りました。
たぶん栗の木。
針仕事の途中の、指貫休めに使う予定です。

掘り出し物というのでしょうか。
えっ~?!
というくらい安かった。
…すみません。

今年の運は使い果たしたと思っていたのに
まだ少しだけ残っていたと思われます。
[PR]
by itokitumugi | 2009-08-09 20:14 | 由無し事

海を見ていた午後

e0128382_19445891.jpg


八月初旬に
大切なお客様をお迎えすることになり、
ご案内役を務めるつもりの私は、
車の運転の猛特訓をしています。
人数の関係で
いつもなら私が運転しない車を使うことにしたためです。

久しぶりの単独ドライブ、
気持ちが若返るのを感じて、ドキドキしました。

お気に入りの山のレストランへも
一人で行ったのは初めて。
山のレストランなので、当然海は見えないのですが、
何となく
「あなたを思い出す この店に来るたび」と、
ユーミンの曲を口ずさみました。

「坂を上って きょうもひとり来てしまった」
という歌詞が合っていただけなのですけれど…。


e0128382_19443936.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2009-07-25 19:55 | 写真

緑の季節

e0128382_15392566.jpg


晴れ女を見込まれ、
どうしても同行して欲しいと頼むので、
ここで貸しを作って置くのも良いかと、
主人に付き合って写真を撮りに行って来ました。

青空が見られたので、いつか貸しを返してもらわなくては…。(笑)

生まれて初めての幻想的な光景にしばし見とれてしまい、
撮影ができなかったのですが、
ワタスゲのワタが吹雪のように舞うのを見ました。


e0128382_154084.jpg


そして、もう一枚。
深い林の中の道を辛抱して歩いていくと、
その先には 
さざ波、風の音、鳥のさえずり、
自然の音しか聞こえない、こんな世界も広がっていました。
本当に、本当に、小さな湖です。
大自然の中に立つ孤独さを写したかったのですが…どうでしょう。

私は出不精なのですが、たまには出掛けるのも悪くないですね。

e0128382_1549144.jpg

[PR]
by itokitumugi | 2009-07-05 15:43 | 写真

Word と Excel の授業

e0128382_17364534.jpg


この三ヶ月というもの、自分で忙しさを招きながら無理して通っていたパソコン教室。
Excel のデータベースまで学習したので、一応卒業することにしました。
いつまで覚えていられるかは自分でも何とも言えないところです。
Word はともかく、Excel は仕事ではほとんど使わないのですもの。

画像は庭で摘んだ薔薇と紫陽花。
紫陽花はカメレオンという種類で、時とともに色変わりします。
[PR]
by itokitumugi | 2009-06-28 17:46 | 由無し事


針を重ねる至福の時を、 静かにゆっくり紡ぎたい


by itokitumugi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
boutis(ブティ)
boutis vermicelle
写真
由無し事
私のお針箱から
その他の手仕事

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
more...

Link

フォロー中のブログ

うみのいろ
◆◆◆mill*◆◆◆
Rico's Quilts
- Une phrase -
君がいた風景
Carpe diem.
こけももステッチのブログ

タグ

(246)
(109)
(98)
(73)
(66)
(57)
(32)
(32)
(23)
(21)
(19)
(18)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(7)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧